ほかぶき!

人生顔で勝てないならほかの武器を持つしかないじゃない!、となんとか努力をするブログ

夏に行きたい台湾2泊3日 私の持ち物と日程まとめ



こんにちは!あきめもです。

2泊3日で台湾旅行に旅してきました!

そこで、3日間の持ち物、スケジュールを共有します。

 

 


メンバーは私+彼+友人2人の4人旅です。

 

今年の夏、グループで台北行くんだー、っていう方の参考になれば幸いです。



1.お天気情報


[日時/天気/最高気温/最低気温/湿度]
8/9    晴 (32℃/26℃/53%)
8/10 晴(32℃/26℃/51%)
8/11晴(31℃/24℃/76%)




2,持ち物リスト


◎パスポート
◎現金(2~3万)(現地で換金)
スマートフォン
□クレジットカード(任意)
□カメラ
□各種充電器
□羽織るもの
□ガイドブック
□マスク(3~5枚)(飛行機、ホテルが乾燥するので)
□常備薬(酔い止め等)
□折り畳み傘
□パスポート顔写真ページのコピー
□ボールペン(入国資料の記入等に便利)
□エコバッグ
□除菌ウェットティッシュ(夜市で便利)
□着替え、下着、ルームウェア(必要な分だけ)
□水着
□(バスタオル)
□帽子、日焼け止め等日焼け防止グッズ
□歯ブラシ、シャンプーリンス、クレンジング、ボディーソープ(両日ホテルにアメニティありますが、こだわりのものがあれば)

 

追記】荷物等あったらいいもの

□Tシャツかラフなワンピース3枚ほど

(めっちゃ汗かくので着替えがあると快適)

□Maps me(オフラインでも見れる地図アプリ)

 ダウンロードしておくこと

□台湾入国手続きは事前にネットで可能。事前にしていたら当日機内で書かなくてもすむ。

□機内でかく場合、滞在のホテルの名前を英語名でかく必要がある

□制汗剤!

□酔い止め(タクシー、電車は快適だけど、バスの山道がグラグラ揺れる)

□帽子

□サングラス(直射日光がすごい!)

□気楽にはけるスリッパ

 


3,台湾旅行情報

一日目(移動日+観光)

関西国際空港から台北(桃園空港)へ

九分へ移動し宿泊

 

二日目(1日観光

野柳地質公園

西門で宿泊

足つぼマッサージ

シーリン夜市観光

 

三日目(観光+帰国移動日)

美味しい小籠包とタピオカミルクティーの店へ

雑貨巡り

お土産散策

 


一日目 8/9
☆☆☆第二ターミナル
8:30関西空港→10:20桃園空港
7:40までに手続き完了する必要があり。

≪注意点≫

  • Peachの複数人チェックインする場合は事前にパスポートを全員分集めておくこと。別々でチェックインすると座席が離れます。


f:id:akkimemo:20180728131659j:image

☆☆☆桃園空港についたら

 換金は空港内でできます

  • 2017年8/9で3万円→7971台湾ドル(レート0.266700 手数料30元)
  • 後に街中で換金した場合2万円→5352台湾ドル(レート0.2726 手数料100元)
  • 一人2万円あればホテル代も含めてがっつり楽しめました。

 

  • 空港内にレストランはたくさんありますが、一番お得なのは屋台の味が楽しめるブース。麺85元、定食でも145元くらい。


f:id:akkimemo:20180728130906j:image

  • 空港MRT で台北市内へ。バスもある。
  • 九分にいくための路線はコインのみ!両替機があるから50元に代えて買う。

 

  • 九分まではバスで15元/1人、タクシー1台で205元(ホテルの名前住所を見せたら直接そこまで連れていってくれる)
  • 九分から市内へのバスは21:30最終。20時頃から観光客が少なくなってくる。お茶やさん(24時まで空いてる)をゆっくり楽しむなら九分近くの宿をとったほうがよさげ。


f:id:akkimemo:20180728131048j:image


f:id:akkimemo:20180728130943j:image


f:id:akkimemo:20180728131015j:image

 

 

8/10

 

☆☆☆

九分→基隆へ(野柳地質自然公園へ)

  • バスにのって基隆へ

 

  • 基隆のバス停すぐにパン屋さんがありますが、パンを買うならチーズがはいってるのは間違いなく旨い。カスタードとミニパンはカロリーメイトとサーターアンダギーの味がする。口の中の水分全て持っていかれる。
  • 野柳までタクシー。400元。意外と遠い距離。
  • 入場ゲートまえに朝市場があるがあんまりお客がいない
  • 無料のロッカーがある。スタッフに聞いたらロッカーに入らないものも預かってくれる
  • とにかくあつい!ので休憩をお忘れなく
  • そして紫外線対策と水分必須
  • 触ったら換気もできる藁帽子被った警備員さんに怒られる。


f:id:akkimemo:20180728131123j:image


f:id:akkimemo:20180728131154j:image

 

野柳地質自然公園→西門へ

 

今回のお宿はこちら

 

  • 西門は日本でいう渋谷みたいな感じ
  • 足裏マッサージは気持ちいいけどスタッフの腕前の差が大きそう。あったかい美味しい烏龍茶が飲み放題

西門→シーリン夜市へ 

 


f:id:akkimemo:20180728131403j:image

  • 夜市であんまり買わんほうがええのの代表格フルーツ。押しの強いおばちゃんにやられた。300元。くそーー!
  • えびつりは4回で100元。その場で焼いてくれて食べれる。塩っけが効いてて美味しい。


f:id:akkimemo:20180728131213j:image

  • かき氷は一人で食べるのは困難。シェアしよう。ミルクをそのまま削ったシャリフワな食感。しかし激甘。
  • ちいさい蟹のフライがおいしいので是非。四人で一瞬で食べ終わる美味しさでした。


f:id:akkimemo:20180728131340j:image

  • 75元のチキンは辛いと辛くないの二択。ドリンクと一緒に食べることオススメする。中央付近は辛味パウダー山盛りだからムセます!注意!


f:id:akkimemo:20180728131234j:image

お得な交通チケット

 

  • MRT とバス二日間乗り放題はかわいいガイドブックがついてくる。(デポジットはないからお土産に持ってかえる。空港MRT では使えない。)
  • 空港MRT +フリー券3日分で610元のチケットパスが崇高で買えるみたい。






8/11

  • 9時にホテル出発、目的は最高に美味しい小籠包!



f:id:akkimemo:20180728131547j:image

  • 10:00オープンなのに開店まちのお客さんがたくさん。
  • 日本語のメニューを用意してくれる。お茶が無限供給される。サービスも味付けも素晴らしい
  • 甘いものも定番から応用番まで様々な小籠包があるが、ノーマルなものがいっっちばん美味しい。幸せな味。四人で1200元くらい。


f:id:akkimemo:20180728131605j:image

 

日本にも進出してる春水堂のタピオカミルクティー
f:id:akkimemo:20180728131810j:image

  • 中山駅周辺は雑貨屋さんは分散してある感じ。運命の出会いをもとめて散歩しまくるか、目星をつけて直行するか。


f:id:akkimemo:20180728131626j:image

 

駅周辺がとてもかわいいです。


f:id:akkimemo:20180728132008j:image

わたしは台湾のデザイナーさんが作ったお花のマスキングテープを買いました♪

他にも烏龍茶パックや、コースターなどお土産にぴったりの雑貨が多くありましたよ

 

 

☆☆☆最終日

☆☆☆第一ターミナル

18:30桃園空港→22:15関西空港

  • チケット売り場はタッチパネル式。日本語のメニューがある。Peachの場合第一ターミナル!
  • 台北中央駅から空港MRT で鈍行1時間、急行で30分。値段変わらず、椅子の座り心地と時間的に絶対急行!
  • チケットはコイン。中にICチップが内蔵されていて入場はタッチ、退場はコインを入れる。


f:id:akkimemo:20180728131752j:image

  • 台湾土産は出国手続きをしてからでも買える。
  • 搭乗ゲート手前の自販機は一律20元。ccレモンがぶ飲みしたりました。

 

帰国

 

 

はい!以上私の台北二泊三日旅行まとめでした!

 

台北でもめちゃくちゃ移動距離あるプランだと思うのでご自身の体力と相談しながら参考にして見てくださいね。

 

 

夏前になると台湾のホテルはブッキングドットコム経由で激安になってることが多し!

ぜひチェックしてみてください。