あきめもログ

自分を実験台にしたレポート。旅先、ごはん、お金をかけない美容など。

究極の朝ごはんが食べれる!箱根登山鉄道宮ノ下から五分、『箱根自然薯の森 山薬』でモーニング【最高】

f:id:akkimemo:20200104232030p:plain

こんにちは!あきめもです。 

今回の記事では、箱根旅行中に行った究極の朝ごはんが食べられるお店、

箱根自然薯の森「山薬(やまぐすり)」を紹介します!

 

 

 

 

山薬(やまぐすり)とは?

 

山薬は,山にできる薬という意味で(そのまんまやな)、

生食用として好まれるのがヤマノイモとナガイモなどを漢方では山薬と呼ぶそうです。

 

なんでも、栄養が豊富で,

しかも消化酵素のジアスターゼを多く含むので消化吸収もよく

また,古くから「山のうなぎ」と言われるほど精力がつくことで知られているため、

山にできる薬として古くから食べられてきたらしいです。

 

ヤマイモ、ナガイモは自然にできるものとして自然薯とも呼ばれています。

 

今回紹介する『箱根自然薯の森 山薬』は、

箱根の大自然を感じながら、自然薯料理を楽しめるお店!

とろろ料理がめっちゃ美味い!

 

ゲストハウスのスタッフさんにおすすめの朝ごはんを聞いたところ、

「究極の朝ごはんが食べれるよ!

ちょっと時間がかかるけど、釜めしご飯がおすすめ!ご飯がぴかぴかだよ〜」 

 

と教えてもらい、究極の朝ごはんという響きいときめき、行くことを決めたのでした。

箱根湯本駅より、箱根登山バス「ホテル前バス停」より徒歩3分。

箱根の大自然を感じながら、自然薯料理で美しく、健康になっていただきたい」という想いで、オープンしました。

美と健康に良いと昔から語り継がれ、山菜の王者とも呼ばれている『自然薯』を中心に、食材にこだわった『究極の朝ご飯』『至高の昼ご飯』を提供しております。

引用:

箱根で絶景ランチ・自然薯料理で美しく健康に【箱根自然薯の森 山薬】

 

 

▼泊まったゲストハウスの記事はこちら!

 

akkimemo.hatenablog.com

 

 

 

お店に入ってみましょう

f:id:akkimemo:20200104230626j:image
f:id:akkimemo:20200104230623j:image

箱根鉄道宮ノ下駅から緩やかな坂道を歩いて、3分。

思ったよりもこじんまりとした外観でお店が見えました。

 

「こんなにお店が小さくて何人入れるのかしら・・・」

混雑した店内を想像して入ると、階段が現れます。

f:id:akkimemo:20200104230643j:image
f:id:akkimemo:20200104230646j:image

山の斜面にお店が多くある、箱根ならではの作りで、

お店は階段を降りた先にあるのです。

 

 

 

究極の朝ご飯

f:id:akkimemo:20200104230854j:image

朝食は2種類、究極の朝ご飯」「銀しゃりとろろ御膳」がございます。

 

もう食べると決めてきたので二人とも究極の朝ご飯をオーダー。

平日だったこともあり、店内はゆったりしていました。

ただ昼間はものすごく混雑する時も多いそう…。

 

 

 

待つ時間も楽しく、出てきたのがこちら!

f:id:akkimemo:20200104230815j:image

 

・銀しゃりの釜飯 

・自然薯とろろ(のり・ネギ・わさび)

・坂本さんちのこだわり卵

・旬の香の物

・木の子汁

・箱根名水「汲み豆豊」 

・自然薯さつまあげ

 

 

ピッカピカの炊きたて釜めしに、とろろをかけて

むしろお米が泳ぐくらいにして掻き込むと…

美味い〜〜!!!!!

 

私が好きなカスタムは、とろろに黄身を潰したところにかけて、

わさびをちょこっと乗せてご飯を食べるやつです。

 

無限に美味しい。

黄身が濃い〜〜!!

 

さつま揚げもジュワッとジューシーで

さっぱりトロッとしたとろろとは違う味わいで

とろっと→ジュワッと→トロッとのループがたまりません。

 

 

まとめ

 

 『箱根自然薯の森 山薬』は、無限に美味しい究極のとろろ朝ご飯が食べれるお店でした!

f:id:akkimemo:20200104230952j:image

私たちが座ったのは壁際だったのですが、

空いている時は窓際の席をお願いすると、箱根の絶景を望みながら食事が楽しめるかと思います!

 

とろろ好きな人はぜひ行ってみてください〜!!

 

 

 

 

 

 

yamagusuri.com

 

 

 

それでは!

 

 

▼箱根旅行に関するそのほかの記事を読む!▼

 

akkimemo.hatenablog.com

akkimemo.hatenablog.com

 

akkimemo.hatenablog.com